肥満は病気?病院で肥満を治してもらえるって本当?

病気と認識をして治療をしてもらう

女性の多くはダイエットを経験しているでしょう。健康の観点からは特に問題がなくても、見た目を良くしたいなどの理由で行うようです。最近はメタボ診断があり、それをきっかけにダイエットをする人もいます。通常は、自己流で行いますが、必ずしも成功するとは限りません。どうしても痩せたいなら、病院で受けられる肥満外来を利用してみましょう。肥満そのものは病気ではありません。でも病気につながる可能性があります。そこでいくつかの病院では、健康保険の適用を受けながら痩せるための治療が受けられます。病気ではないものの、病気の一部として行ってもらえます。症状によって異なりますが、薬の投与を受ける治療もあります。医師がサポートしてくれるので、痩せやすくなります。

体調を壊さずに痩せられる

自己流のダイエットをすると、体調を壊す可能性があります。太る原因はカロリーの摂りすぎ、運動不足です。カロリーを減らしたり運動をすれば自然に痩せられます。でもすぐに痩せたいからと一気にカロリーを減らしたり、無理な運動をしたりします。栄養分が足りないなどが原因で体調を崩してしまいます。病院では肥満外来があり、医師の診断、指導のもとで肥満を解消できます。初期の状態なら、食事療法と運動療法が取られます。今の摂取カロリーをどれくらいにしたらよいか、その時にどんな食べ物をとるのが良いかなどがアドバイスされます。栄養士からメニューなどをもらえるので、必要な栄養分が足りなくなるなどがありません。運動も無理なく行るものを提案してもらえます。

肥満外来で治療を受けるメリットとして、丁寧なカウンセリングが挙げられています。専門の医師やスタッフが相談に乗ってくれますから前向きな気持ちになれます。